一人暮らしの生活費が転勤で自己負担に

今度の4月といっても、もうあと2ヶ月ほどしかないけど、転勤が決まってしまった。東京からいきなり九州へって訳じゃないから助かったと言えるかな。だけどそのおかげで一人暮らしの生活費を、自分で負担しなくちゃいけなくなった。実際こっちの方が痛い。毎月の給料から一人暮らしの生活費が消えていくと思うと、かなり厳しいし自由が効かなくなってしまう。おまけに慣れ親しんだ町を出るので、友人との付き合いも必然的に減ってしまう。

一人暮らしの生活費で財政が圧迫される

ここは非常に残念だし、休日の楽しみがなくなるのは辛いな。一人暮らしの生活費で、自分の財政が圧迫されるだけでなく、休日の楽しみも奪われるとは、これも雇われてる身の悲しいさだめと割り切るしかないのか。どうにもならないので、それより当面の問題は転勤先の一人暮らしの生活費が、どのくらいかかるのかって事。今住んでる東京より高いって事はないだろうけど、何せ実家が長かったもので、家賃の相場の感覚とかがまるでない。

一人暮らしの生活費のメリットは?

まぁ28歳ともなれば、いい加減実家を出たらって言われるから、ちょうどいい機会なのかもしれない。この歳になって一人暮らしの生活費って、どのくらいかかるのか分からないっていうのも、案外恥ずかし事になるのか?そもそも何の為にそうするのか、そのメリット・デメリットを考えると、一人暮らしの生活費を自分で払い続けるのは、デメリットしかないように思う。だった貯金するなり、自己投資するなり、もっと有意義な使い方があるでしょう。

Copyright 一人暮らしの生活費が転勤で自己負担に 2017